明治安田生命J1リーグ第6節 横浜F・マリノス-横浜FC

水曜日が定時退勤日なので、テレワークでの仕事を終えてから日産スタジアムへ。
ただしチケットは買っていなく、Jリーグアプリのチェックインを済ませてから、試合開始前に帰宅。

明治安田生命J1リーグ第6節、横浜F・マリノスvs横浜FC
試合はNHK BS1で観ました。

序盤は横浜FCが決定機を演出。
斉藤光毅のシュートがクロスバーを叩くなどもあり、横浜FCは結構パスをつないでシュートまで持ち込んでくる。
だが、こういった決定機を決め損なうと、力のあるホームチームに流れが傾いていく。2年前の川崎Fvs札幌のように。

前半31分、マルコス・ジュニオールからのクロスが入ると、足を伸ばしたDF田代真一がクリアしきれず、オウンゴール。1-0。
ラッキーな形での先制点だが、いいクロスと、ゴールに迫っていたFWエジガル・ジュニオの存在も、誘発の原因になってくれたと思う。

後半11分、仲川輝人のクロスにマルコス・ジュニオールが走り込み、ゴール!2-0。
オフサイドかな?と思ったが、リプレイ映像で、オフサイドではないのを確認。あれを瞬時に正しく判断したレフェリーもすごいです。

後半20分、水沼宏太か右サイドからクロス。
中央のマルコスは触り切れないが、ファーで飛び込んだ遠藤渓太がヘディングでゴール!3-0。

後半27分、遠藤渓太が左サイドをドリブルで攻め込む。
相手DFに一度阻まれるが、DFの背後を回り込み、渓太が再度ボール奪取!
深く切れ込んでクロス、中央でエジガル・ジュニオが流し込み、4-0。

4-0で試合終了。
何度かクロスバーやポストに救われた部分はあったものの、横浜としての面目は保てた試合でした。


【公式】ハイライト:横浜F・マリノスvs横浜FC 明治安田生命J1リーグ 第6節 2020/7/22

点差をつけて勝ったからいいけど、まだまだ内容は安定していない印象。
まずは勝ち続けながら、内容を良くして行ければいいと思います。

さあ、次は札幌ドームで北海道コンサドーレ札幌戦!
リーグ戦での札幌戦は今まで全部足を運んでいたけど、さすがに次回は回避。東京を中心に、関東で感染者が増えている状況なので。(´・ω・`)
もちろん、来月の日産スタジアムでのコンサドーレ戦は行くつもりです。

明治安田生命J1リーグ第5節 鹿島アントラーズ-横浜F・マリノス

18時から、DAZNJ1リーグ第5節、鹿島アントラーズvs横浜F・マリノスを見ました。
開始前は横浜F・マリノス公式のLINE LIVEで、マリノスのホームゲームと同じスタメン発表と民衆の歌、選手入場曲が聴けて、テンションが上がりますね。
www.f-marinos.com

今日のカシマは霧が濃く、オレンジ色のボールで試合開始。
前半4分、鹿島の左サイドからクロスが上がると、ティーラトンがかぶって、ファーで上田綺世がフリーになり、ゴール。1-0。

すかさず、マリノスも反撃。
前半12分に小気味よくパスをつなぐと、グラウンダーのアーリークロスにマルコス・ジュニオールが走りこんで、流し込むだけのゴール。1-1。
崩しが完璧だった。過去にはこういうゴールをやろうとして、ラストパスを入れられない試合なら山ほど見たが。

前節と違って、攻めの面ではうまくいっているかも。
ただ、カウンターでシュートを浴びる回数が多い。決め損なってくれて、事なきを得ている。

後半13分、鹿島の右サイドからグラウンダーのクロスが入り、中央で上田綺世が足を伸ばして決め、勝ち越される。2-1。

後半22分、アラーノが抜け出し、グラウンダーのクロスから逆サイドのエヴェラウドが決め、3-1。

後半25分、右サイド45度からマルコス・ジュニオールが対角線に相手GKの頭上を越すシュートを決め、1点差に迫った!3-2。
ここから、追いつく流れに持って行きたかったが…。

後半37分、自陣のボール回しでの横パスをカットされ、ダイレクトでループシュート。これが決まり、4-2。
自陣でビルドアップするときはキーパーもペナルティエリアを出てパス回しに加わるため、ここでボールを失えばこうなることは分かっていたはず。

試合は4-2で試合終了。
マリノスは未だに有観客試合のリーグ戦未勝利。
鹿島は開幕からの連敗を4で止め、カップ戦を含めても今年初勝利となりました。


【公式】ハイライト:鹿島アントラーズvs横浜F・マリノス 明治安田生命J1リーグ 第5節 2020/7/18

マリノスの2ゴールは良かったけど、失点の仕方が悪すぎましたね。
鹿島はある程度理想を捨てて勝利に徹した部分もあろうけど、マリノスの仕上がりがまだまだという印象は拭えず。

4日後の横浜FC戦は、絶対に勝たないと。負ければ末代までの恥レベルになってしまうが、横浜FCも簡単な相手ではなくなってきてもいるし、油断はできない。

J3リーグ

★きょうの歩数…16493歩

明治安田生命J1リーグ第4節 横浜F・マリノス-FC東京

明治安田生命J1リーグ第4節 横浜F・マリノス-FC東京

明治安田生命J1リーグ第4節、横浜F・マリノスvsFC東京
試合は家で、DAZNで見ました。

試合はいきなり動く。
前半4分、右サイドからのクロスが入ると中でオナイウ阿道がそらし、中央へ飛び込んだ遠藤渓太が足裏で押し込み先制。1-0。
カウンターに警戒すべきFC東京から先制して、主導権が握れると思ったのですが…。

前半13分、FC東京の田川亨介が抜け出し、チアゴ・マルチンスが後ろから倒してPKを献上。
田川は倒れる際の手の付き方がまずかったか、肩を負傷してレアンドロと交代。
PKは、ディエゴ・オリベイラが独特なステップから決めて、同点に。1-1。

幸先よく先制していたマリノスだが、同点にされる前からもリズムはつかみ切れていない印象。
オナイウ阿道が前線で走ってくれているが、パスが合わないから攻めによどみを感じてしまう。

前半43分、裏に抜け出すディエゴ・オリベイラをGK梶川裕嗣がファウルで止めてしまい、イエローカード
あれは一発退場でもおかしくない、得点機会阻止モノのピンチ。
難を逃れたかというとそうはいかず、このファウルでFC東京が得た直接フリーキックを、レアンドロが決めてきた。1-2。

後半1分にも、追加点。
FC東京の右サイドからのクロスにレアンドロが見事なハーフボレーシュートを決め、1-3。

その後は選手交代もありチャンスは作れるが、遠藤渓太も仲川輝人も決定機を決めきれず。
試合は1-3で終了し、中断後最初のホームゲームを勝利できませんでした。


【公式】ハイライト:横浜F・マリノスvsFC東京 明治安田生命J1リーグ 第4節 2020/7/12

これで、横浜F・マリノスはリーグ戦を1勝1分2敗。
次の鹿島アントラーズ戦は、相手が勝ち切れないうちに勝利して、期待を持って次のホームゲームを迎えたいですね。

J3リーグ

★きょうの歩数…12527歩

明治安田生命J1リーグ第3節 横浜F・マリノス-湘南ベルマーレ

今日からケータイ国盗り合戦、夏の陣が開始!
100のスポットの中に小机城があるが、自宅は残念ながらエリア外。半径3km以内が範囲のようで、菊名と新横浜の間のローソン辺りで盗れた。

明治安田生命J1リーグ第3節 横浜F・マリノス-湘南ベルマーレ

LINE LIVEで民衆の歌を聴き、テンションを高めてのテレビ観戦。
tvkでもやってたけど、NHK BS1明治安田生命J1リーグ第3節、横浜F・マリノスvs湘南ベルマーレを観ました。

前半は膠着。仲川輝人が仕掛けるが、鈴木冬一がしっかり対応。
エジガル・ジュニオの惜しいシュートこそはあったが、チャンスもそれほど多くなく前半を終える。
コーナーキックは多く得ていたが、ショートコーナーでプレッシャーを受けて、下げてしまうばかり。うまく対策されているのだろうけど、もったいない印象でした。

後半7分、先制したのは湘南。
湘南の右サイドからクロスが入り、ダイレクトで折り返したところに中川寛斗が詰めてゴール。0-1。
柏の時もよくやられてたっけか。身長150cm台ながら、いいところに動いて活躍している選手。
そろそろリーグ初勝利を決めたいマリノスとしては、逆転しなければいけない。

後半17分、マリノスのアンジェ・ポステコグルー監督が動く。
扇原貴宏、マルコス・ジュニオール、エリキに代えて、水沼宏太天野純オナイウ阿道を投入。
この交代がすぐに功を奏す。後半21分、天野純がやや距離のある位置からアーリークロス…と思ったらGK富井大樹の頭上を越え、ゴールに虹がかかった!
意表を突いた天野純ループシュートが決まり、同点。1-1。

後半32分、ワンツーで中央を抜け、天野純が個人技でDFをかわし、GKの股間を通すシュートが決まる!2-1。
ベルギーに行って、一皮むけてきたか。見事な個人技で逆転ゴールを奪い、先制点では中途半端だったゆりかごパフォーマンスを改めてみんなで披露。6選手に子供が生まれましたからね(;^ω^)。

これで安心できるかと思ったら、そうはいかず。
後半34分、湘南が右サイドからゴロのアーリークロスを入れると、中央はつぶれ、ファーサイドに走りこんだ鈴木冬一が強烈なシュートを決めてきた。2-2。
今日の鈴木冬一はすごくいい。仲川輝人の封じ込めでも存在感があったが、攻撃においても結果を出してきた。コロナがなければ、今月は男子サッカー五輪代表で活躍を見られたのかもしれない。

後半42分、水沼宏太が右サイドからクロス、中央で走りこんだオナイウ阿道が、フリーでヘディングシュートを突き刺した!3-2。
オナイウにはマークがつき切れていなかった。そして、ポステコグルー監督が投入した3人がすべてゴールに絡んだ瞬間でもある。

しかし、今日の湘南もまた厄介。特に鈴木冬一。
クロスバー直撃の強烈なシュートを放たれ、冷や汗をかかされる場面も。
それでも逃げ切って、3-2で試合終了。


【公式】ハイライト:横浜F・マリノスvs湘南ベルマーレ 明治安田生命J1リーグ 第3節 2020/7/8

ニッパツ三ツ沢球技場には、スピーカーからコーヒールンバの演奏が流れました。

ホームの利が小さい無観客試合において、まずは勝利できて一安心。
ショートコーナーで攻めきれなかった課題はありつつも、勝ちながら改善できればいいと思う。
この後は、NHK BS1Jリーグタイムを見て、すぐ就寝。いい試合を見られたのだから、明日も仕事を頑張れるはず( ˘ω˘ )。
今日の試合結果は以下の通り。J1リーグのみの開催。

明治安田生命J1リーグ第2節 浦和レッドダイヤモンズvs横浜F・マリノス

きょうから、やっとJ1リーグが再開!

明治安田生命J1リーグ第2節 横浜FC-北海道コンサドーレ札幌

まずは18時から、前半だけ、明治安田生命J1リーグ第2節、横浜FCvs北海道コンサドーレ札幌DAZNで観戦しました。

早い時間で札幌の鈴木武蔵が先制。0-1。
前半3分、ペナルティエリア内でシュートが一度防がれるが、再度蹴りこみ、GK六反勇治は動けず。
これで札幌が主導権を握るかと思ったら、案外横浜FCがチャンスを多く作ってくる。

前半16分、横浜FCのFW一美和成が絶妙なトラップで裏に抜け出し、GK菅野孝憲をフェイントでかわし、ゴール。1-1。
この後も、横浜FCはあわやというシュートをいくつも放つ。札幌の守備が落ち着いていないのかもしれないが、主導権は横浜FCという感じ。札幌は攻め込んでも、5バック気味のディフェンスに手を焼いて、決定的なパスを入れられない。

1-1で前半終了。

明治安田生命J1リーグ第2節 浦和レッドダイヤモンズ-横浜F・マリノス

ここでDAZNのボリュームを落とし、テレビをつけて、テレビ埼玉明治安田生命J1リーグ第2節、浦和レッドダイヤモンズvs横浜F・マリノスを視聴。
テレ玉は、サブチャンネルで大宮アルディージャvsザスパクサツ群馬の試合も中継していました)

試合はポゼッションでマリノスが上回れたが、決定機を多く演出もゴールには至れず。
浦和も反撃で、何度かあわやのシーンは作る。GK梶川裕嗣のファインセーブもあれば、クロスバーに当たるものも。

終始浦和ゴールには迫れたが、結局は決めきれずスコアレスドローで試合終了。
まだ2試合だが、未勝利。焦る必要は無いのかもしれないが、チャンスを決めきれるよう、精度を上げていってほしいですね。


【公式】ハイライト:浦和レッズvs横浜F・マリノス 明治安田生命J1リーグ 第2節 2020/7/4

なお、前半まで見ていた横浜FCvs北海道コンサドーレ札幌は1-2で札幌が勝利。
後半に鈴木武蔵が勝ち越しゴールを決めていました。


【公式】ハイライト:横浜FCvs北海道コンサドーレ札幌 明治安田生命J1リーグ 第2節 2020/7/4

その他、本日の試合結果。

中断明けの生観戦はJ3からか

いよいよ明日から、J1リーグが再開!
しかし、スタジアムに足を運べるのは来週から。それも、5000席に限定しての開催で、J1リーグのチケット確保は困難と思われます。

そこで、J1は難しいけど、平均5000人を下回るJ3リーグならチケットは余裕を持って手に入るのではないかと思い、模索。
7月11日のSC相模原-AC長野パルセイロの、相模原ギオンスタジアムでのチケットが取れるようなら、行こうと計画していました。
チケット販売がどうなるか未定でしたが、SC相模原から、やっとチケット販売のリリースが出ました。

www.scsagamihara.com

もちろんサガミスタではないので、一般発売の7月7日10時からの購入にする予定。
雨だったらS指定席にしないと濡れてしまうが、どうしようかな。

★きょうの歩数…5259歩

やっぱり終わるみたいで(´・ω・`)

昨日は東スポだけが報じたやべっちFC終了の報道、今日は各紙からも報じられてきました。

news.yahoo.co.jp

どうやら8月限りで、本当に終わってしまうようです。
理由は、海外サッカーの放映権を得られなかったとか。
日本サッカー応援を謳っているけど、海外サッカーも含めたハイブリッドじゃないと、視聴率は稼げないという判断なのでしょう。
放送時間が日曜深夜というのも、海外サッカーの映像を確実に出せる時間帯なのでしょうし。

残念だけど、終わるのなら仕方がないですね…。
サッカーだけの番組は無理でも、スポーツ番組でそこそこの尺がサッカーに割かれればいいんだけど、結構省略されてしまうのが厳しいんですよね。

★きょうの歩数…4997歩


はてなアンテナに追加する

日本縦断
トリコロールの勇者

↑弊サイトです。