AFCチャンピオンズリーグ予選グループH第3節 上海上港-横浜F・マリノス

続きを読む

天皇杯4回戦以降の組み合わせが決定

第100回天皇杯全日本サッカー選手権大会4回戦以降の組み合わせが決定しました。

www.jfa.jp

4回戦

5回戦

  • [45] 12月20日(日) [41]の勝者-[42]の勝者
  • [46] 12月20日(日) [43]の勝者-[44]の勝者

準々決勝

準決勝

決勝

  • [51] 2021年1月1日(金) [49]の勝者-[50]の勝者@国立競技場

5回戦から準決勝までの会場は未発表だが、勝ち進むクラブが決まり次第決まっていくと思われます。
準々決勝には、昨日でJ3優勝の決まったブラウブリッツ秋田J3リーグ1位チームとして確定。秋田に挑むのは、カテゴリーで考えればラインメール青森が順当ということに。
秋田と青森の東北対決になれば熱くなりそうだが、秋田や青森で開催できる時期じゃなさそうなのが残念なところかも。
そして、その対決は強敵・川崎フロンターレとの挑戦権を争う試合にもなりそう。順当に考えれば川崎Fと秋田の準決勝になり、無敗で優勝を決めた秋田がどこまで通用するのか、興味深い試合になりそうですね。

★きょうの歩数…2674歩

国際親善試合 日本-パナマ

23時から、国際親善試合の日本vsパナマを、フジテレビの生中継で観戦。
一度は欧州のコロナで開催が危ぶまれたが、無観客で開催できたみたいですね。
さすがに、イビチャ・オシムさんは来ていないかな。オーストリアグラーツは、お住まいが近いようだけど。

試合内容を見ると、日本はやりたいパスサッカーをできているように見える。
日本が目指すものがどこまでなのか、パナマはこのメンバーがベストなのか、どのくらいの実力なのかはわからないが。
前半終了の少し前に、本日が終了。

★きょうの歩数…5042歩

ルヴァン杯決勝が来年1月4日に決定

11月7日開催予定で延期になっていた、JリーグYBCルヴァンカッププライムステージ勝戦が、来年1月4日(水)に開催されると発表されました。

www.jleague.jp

これについては、動画で原博実さんが説明してくれていた。


なぜルヴァンカップ決勝を1月4日開催にしたのか?Jリーグをもっと好きになる情報番組「JリーグTV」2020年11月12日

やっぱり、年内に代替日を設けられなかったのは、天皇杯AFCチャンピオンズリーグの影響。
「もし日程が空いたら12月開催」というのも、準備を考えたら難しかったようです。フジテレビが全国生中継をする事情もあるのでしょうし。
しかし、これで12月30日から1月5日まで、7日間連続で地上波のサッカー中継にありつけることになるのかも。(高校サッカー天皇杯決勝があるので)

あとは、この日も中止にすることのないよう、クラブにはコロナ再発に努めてもらいたい。
もちろん一般市民の自分たちも感染者しない・させないように減らしていかないと、5000人以下や無観客とかにせざるを得ない場合もあるから、気を付けていきたいですね。

★きょうの歩数…1730歩

明治安田生命J1リーグ第26節 湘南ベルマーレ-横浜F・マリノス

明治安田生命J1リーグ第33節 FC東京-北海道コンサドーレ札幌

明治安田生命J1リーグ第33節、FC東京vs北海道コンサドーレ札幌
味の素スタジアムでの試合を、DAZNの生中継で前半30分まで観ました。

札幌は今回もゼロトップの布陣。前節はこれがハマり、川崎フロンターレに内容でも勝利できたのだという。
しかし、FC東京はカウンター主体のサッカー。果たしてそれが通じるかな?

前半21分、FC東京のカウンターが発動。永井謙佑が裏に抜け出し、左45度からグラウンダーでニアを抜いて先制。
GK菅野孝憲、そこはニアを閉めてほしかったなぁー。

前半30分ごろには、チャナティップが負傷。アンデルソン・ロペスと交代してしまう。
やっとピッチに復帰できたばかりなのに、これは悔しい。タイ代表招集も、怪我によっては難しくなってしまうかも。


【公式】ハイライト:FC東京vs北海道コンサドーレ札幌 明治安田生命J1リーグ 第33節 2020/11/11

ここで、画面をShonan BMWスタジアム平塚に切り替える。

明治安田生命J1リーグ第26節 湘南ベルマーレ-横浜F・マリノス

明治安田生命J1リーグ第26節、湘南ベルマーレvs横浜F・マリノス
Shonan BMWスタジアム平塚での試合をDAZNの生中継で観ました。

前半、なかなか思うように湘南陣内に攻め込めない。
普段はやらない、マルコス・ジュニオールのワントップという布陣が不慣れなためか。
解説の福田正博氏は、トップに上背のある選手がいないからと言っているが、やりたいことはそこじゃないような…。
マルコスの惜しいシュートはあったが、GK谷晃生のセービングとクロスバーに阻まれてしまいました。

後半はさすがに戦い方を戻し、ジュニオール・サントスを入れて猛攻を仕掛ける。
しかし、先制したのは湘南でした。コーナーキックからニアで指宿がヘディングで後ろにそらし、ゴール前で齊藤未月にヘディングシュートを決められてしまう。
追いかける立場になったマリノスは、怪我で離脱していた仲川輝人を投入。絶妙なアーリークロスを狙うが、なかなかゴールが決まらない。

アディショナルタイム5分が経過し、最後の攻め。
相手GKがこぼしたボールを喜田拓也がシュートするが、惜しくも枠をそれて試合終了。


【公式】ハイライト:湘南ベルマーレvs横浜F・マリノス 明治安田生命J1リーグ 第26節 2020/11/11

敗れた横浜F・マリノスは勝ち点44止まりで3連敗。今日の他会場でガンバ大阪が勝ったため、マリノスの2位の可能性が消滅。
ガンバ大阪は勝ち点55になり、横浜F・マリノスは勝ち点44。残り3試合でマリノスは勝ち点53までしか上げられないため、第100回天皇杯出場権が完全消滅する結果になってしまいました。
どのみち2位消滅も時間の問題ではあったと思うけど、天皇杯に参戦できないのは寂しいですね(´・ω・`)

勝った湘南ベルマーレは勝ち点を20に積み上げ、16位のまま。
今季はなかなか勝てずにいたが、ここ最近はいい試合をしていそうな気がします。
このまま地道にチーム力を上げられれば、来年は残留争いをしなくて済むのかもしれないですね。

第100回天皇杯全日本サッカー選手権大会3回戦

★きょうの歩数…4757歩

水曜どうでしょう最新作第1夜

今夜21時から始まったtvkテレビ水曜どうでしょう最新作は、録画したのを見ました。
(以下、ネタバレを含みます)

続きを読む

ルヴァン杯決勝延期でどうなる

今週末の11月7日に開催予定だったJリーグYBCルヴァンカッププライムステージ勝戦が、中止・延期になると昨夜発表されました。
www.jleague.jp

11月2日に選手1名が陽性と判定され、11月3日のベガルタ仙台vs柏レイソルが中止に。
さらに、ネルシーニョ監督や他の選手2名、スタッフ9名が陽性とのことで、柏レイソルは当面クラブの活動ができないと判断したのだと思われます。

まずは陽性になってしまった方々が無事に回復されることをお祈り申し上げます。
問題は、この決勝戦をいつに延期するか。
まずは、両クラブの今後の日程を書いてみます。

FC東京の日程

3日の仙台戦は、10月29日か30日の土日のタイミングで両クラブのスケジュールが空いているので、そこにできると思われます。
しかし、ルヴァン決勝戦ACL出場のあるFC東京のため、年内に代替開催を入れられる日がありません。天皇杯出場権を得られなければ12月に、と思われがちだが、ACLが11月24日から12月19日(決勝進出の場合)まであるのです。
ACLをグループリーグ敗退かつJ1リーグ3位以下(柏とFC東京両方とも)なら12月下旬にできるかもしれないが、FC東京ACL決勝までやれば、帰国して2週間隔離して、早くとも1月3日からでないと開催は難しい。

代替日は決まり次第発表されると思うが、状況次第で複数の代替日を用意するのではないでしょうか。
終われるなら、早く公式戦を終えた方がチームのオフに影響するし、選手の契約更改や来季の編成にも影響すると思うので。

★きょうの歩数…2299歩

明治安田生命J3リーグ第25節 セレッソ大阪U-23-AC長野パルセイロ

仕事を終えて、19時半過ぎに帰宅。
食事をとりながら、DAZNJ3リーグ観戦。

明治安田生命J3リーグ第25節、セレッソ大阪U-23vsAC長野パルセイロ
ヤンマースタジアム長居での試合を、DAZNで生中継を視聴しました。

視聴したと言っても、途中で食後の寝落ち。
一応全ゴールは見ました。長野はミスから2点目を奪い、右サイドの抜け出しからきれいに崩して3点目。
セレッソは絶妙スルーパスで1点返すも、ほとんど10代のメンバーではさすがに厳しいか。
それでも、セレッソの選手には将来性を感じさせるチャンスメークができていたと思います。

試合は1-3で終了。
セレッソはトップチームが昨日大阪ダービーをやったばかりで、その上GKの選手に新型コロナウイルスの陽性判定があったそうだが、この試合は無事に開催できた。きっと、感染経路の特定が済んで、当該選手を隔離すれば大丈夫だと判定できたのでしょう。
一方の長野は、勝ち点を45に積み上げ、3位浮上。
昨日は2位のロアッソ熊本と、3位だったSC相模原がそれぞれ引き分け。残り9試合で2位の昇格枠を争う恰好になるが、長野の次の相手は今田無敗のブラウブリッツ秋田
もし無敗の秋田に土をつけることが出来たら、長野は昇格への機運が一気に高まるはず。期待したいですね。


【公式】ハイライト:セレッソ大阪U-23vsAC長野パルセイロ 明治安田生命J3リーグ 第25節 2020/11/4

明治安田生命J3リーグ

★きょうの歩数…5291歩


はてなアンテナに追加する

日本縦断
トリコロールの勇者

↑弊サイトです。